カテゴリー「猫のてんかん」の28件の記事

2009/09/26

見た目で決めちゃいけないよ

昨日はコンブの診察日でした。花房先生が復帰されるまでは佐藤理文先生がコンブを診てくださっています。佐藤先生は来春から「三ッ目通り病院」の副院長先生になられるので、先月からこちらにも勤務されています。
うちからはバス1本で行けるので断然便利です。こちらでも診ていただけるということで予約をしました。
本当は午前9時半の予約でしたが、なかなか寝付けなくてソラナックスを飲んだら何と目覚めたのは9時過ぎ。間に合わないので午後4時に変更していただきました。

 バス停から歩くこと4〜5分、ありました、ありました。
 090925_1
外も内もまだ新しい雰囲気です。去年2月この場所にリニューアルオープンされたとのことでした。呼ばれて診察室に入り、先ず助手さんの診察です。キャリーにしがみつきなかなか出て来ないので、キャリーを逆さまにして爪を一つずつ外すと言った有様でした。一通りの計測が終わって先生を待ちます。ほんとうに借りてきたネコです。

 090925_3_2

 090925_2_2

 090925_4_2

 佐藤先生ですよ!!  しっぽはクルリン、肉球はジットリ、緊張もピークの状態。
 090925_5

 090925_6
9月は軽い発作が2回ありました。軽かったので予定通りフェノバールを少し減らした処方です。
 
三ッ目通り病院の里親募集中のネコ、バロン君。コンブと歳は同じくらいかな? 堂々としてます。
 090925_7

 ひきかえコンブは…
 090925_8

あ、コンブの体重は増えておりませんでした。6.15kg→6.05kgと、むしろ減っていました。かーたんの思い違いです。お詫びして訂正いたします。
これでよろしいでしょうか、コンブ様? 一応証拠の写真をアップしておきます。
 090925_9

 090925_10
 その通りです・・・ <(_ _)>スミマセンでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/09

コンブのカラーその2

今日は午前中から田中雅樹さん、和美さん、とーたんで搬出作業にとりかかりました。かーたんは展覧会記録を完成させるべくパソパソとキーボードに向かい、すべての作業が終了し反省会もできて若い夫婦を送り出したのが午後4時、今年2度目の入院中のコンブに、やっと面会に行くことができました。
まだ、まぶたをピクピクさせたり、よだれをたらしたり、うなったりと… 部分発作が続いています。加えて熱も40度台で、ステロイドの投与ができず抗生物質で熱が下がるのを待っているとのことでした。

面会受付終了間際の午後5時に、ぎりぎりセーフで入ったのでちょうど食事の時間でした。相変わらず食欲だけは衰えないコンブ。この前の入院時とはまた違ったカラーをさせられておりました。

 0902091_3

では、飼い主も恥ずかしくなる食べっぷりをどうぞ。

0902092


カラーがとてもじゃまのようです。

花房先生(姓が変わった明石先生)に再度MRIを撮ることもあるかもしれないと言われましたが、このところワン・ニャンに振り回され、すでに思考回路が切断されたかーたんは、ただただ力無く「はい」と言うことしかできませんでした。

それでも、帰り道、コンブのカラーに触発されたドーナツを買うことだけは忘れなかったようです。

 0902093_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/02/02

コンブのカラー

昨日の朝、発作を起こしてずーっと治まらず、病院が始まる前に担ぎ込まれたコンブ。鎮静剤の注射をしてもらい、やっと治まった。40分も続いた発作、当然そのまま入院と相成った。
もう死んじゃうんじゃないかと心配させられたが、今日の面会では集中治療室?に入ることもなく、落ち着いておりました。

  本日のコンブは初めてのカラー装着。中世の衣装のようです。
 090202_1
 
「ヨシヨシ… なかなか似合ってるじゃないの。しかし、なんでカラーを?」
 090202_2

 「それは、こんな理由ニャのニャ」
 090202_3

 「ホゥ 点滴を外さないようにだな?」「そうニャ」
 090202_4

 おとなりさんとお揃い、今病院で流行っいてるのかしら? 早く良くなれコンブ。
 090202_5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/18

久し振りにコンブ発作

今日19:50、めずらしく発作が起き、30秒ほど続いた。ヨダレだけの軽い発作だったが、ヒヤッとした。投薬が2時間遅れたのが原因かも。これからお薬の入ったご飯の時間は絶対守ろう。その後は何事もなくホッとしているが、ちょっと注意して見ていなくては…。

写真はコンブの発作の前に行ったナナの散歩の一枚。男の子の像と対になって植え込みの反対側にいる女の子の像です。作者は朝倉響子さん。本当のタイトルは「NIKE」、男の子の方は「SUMMER」です。(置かれている位置が対になっている訳で作品が対になっている訳ではありません)彼女にも「お疲れ様」



         朝倉響子作NIKE


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/15

セルシンが効いたかニャ

さて、皆さんここ1週間ほど“コンブ発作の記録”や、    のマークがないのに気付かれましたか? ないんです !  発作が起きないのです。新しい薬の効果でしょうか。かーたんが風邪でダウンしていたのと対照的に、コンブは元気で走り回っておりました。今日の診察でも「発作起きませんでした」と報告できたのがどんなに嬉しかったことか…

 佐藤先生からトリーツをもらって急に友好的になるコンブ
 080215_1

逃げようとする子は、やさしく抱きかかえて聴診器をあてます。(もっと手荒にあつかってもいいですよ by かーたん)
 080215_2

 先生も結果を喜んでくださり、次の診察日は2週間後になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/07

恥ずかしいお年頃?

コンブ発作の記録

02:38 失禁、フトンから飛び出して20秒くらいかけ回る。発作後、5分くらい舌を出したままボーッとしている。


コンブです。今日は診察日でした。最近のボクは少しおにいちゃんになったのでおとなしくキャリーバッグの中で待っています。
 080207_1

 ボクを担当してくださる佐藤理文先生です。
 080207_2

     助手の山田さんにはさっき熱を測られちゃったんだ。
     080207_3

 ボクもそろそろ恥ずかしい年頃なんだい。お尻で熱、測んないでくれる?
 080207_4

そそくさとバッグに戻るコンブでした。お薬が増えました。セルシンと言う薬です。コンブが手足の指の処置をしてもらっている間、かーたんは里親募集中のニャンコしまちゃん、リンちゃんの保護主さんとおしゃべりしました。前にもお見かけして話したことがあります。今日も彼らの行く末を案じて様子を見に来られたのでした。かーたんのブログでも2匹のことを紹介する約束をしました。

   しまちゃんです。きれいな細い声で鳴きます。とても美人さんです。
   080207_sh

リンちゃんです。しまちゃんとは兄弟です。坂上二郎さんに似たブサかわいい顔は一度見たら忘れられません。
   080207_r

 2匹ともずいぶん人に慣れてかわいいです。詳しくはこちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/06

演歌調でお願いしますっ

コンブ発作の記録

19:42 キャットハウスの中で始まったオイラの発作。ハウスを飛び出しトイレの中で、砂を蹴散らしもがき暴れる。発作の度に血しぶきが飛ぶぜ。

   (30秒ほど続いた発作、トイレをどかすとこの通り)
   080206_1

   いったい何が起きたのか、オイラにゃわからぬことばかり。
   080206_2

   教えておくれよ おっかさん、オイラの指の痛みと飛び散る血の訳を。
   080206_3

おとっつぁんよぉ、すまないねえ、こんな息子で… いずれ孝行するからさ、ずっと長生きしておくんなよー。
 080206_4

今日はとても元気で発作はおきないかもしれないと思ったが、やっちゃった。終わった後はケロッとしてわりと元気なコンブでした。それにしてもかーたんは作詞の才能がないのニャ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/05

1日遅れの祝誕生日

コンブ発作の記録

04:40 15秒ほど発作、かけ回り失禁。また傷口が割れた。

ほんとは昨日2月4日がとーたんの誕生日だったが、ネータンズは二人とも忙しく誕生会は次の日つまり今日に持ち越された。ネータン2は来れるもののネータン1は今日も来れず、3人プラス2匹でのお祝いとなった。プレゼントは特になし。(ゴメンね) 

 080205

ごちそうは牛肉とミートボールのポトフに生ホタテやアボガド、ボイルささみが入った豪華なサラダ。極めつけはネータン2が買って来た銀座不二家のショートケーキ。我が家は不二家贔屓で不祥事を起こした時も、「1週間前の牛乳が飲めなくてどうする !? 」などと豪語しつつ不二家を気の毒がっていた家族であった。この日も一口食べるなり、「生クリームはこうでなくっちゃナ ! 」とご満悦の様子。ネータン2もあいづちをうつ。しかし、日頃低脂肪牛乳やヨーグルトを食しているかーたんにはちょっときつい。ともあれ不二家で満足してくれて助かるとーたんであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/04

発作とうまく付き合おう

コンブ発作の記録

04:15 15秒ほどだったがヨダレが出て、かけ回る。治りかけの爪、また痛める。

16:05 10秒ほど鼻をヒクヒクさせていたかと思うと駆け回り、横になって泳ぐように手足を動かすこと計30秒。収まったら1分〜1分半フリーズ。床は血だらけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/01

これで最後にしてください

今日のお昼、コンブは退院しました。明石先生からバトンを渡されたのは佐藤理文先生。先生の写真は今度の診察の時にネ。

 080201
 とーたんも退院に付き合ってくれましたので病院の前で撮ってもらいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)