カテゴリー「心と体」の2件の記事

2009/09/21

ウツにはまっています

一昨日から、しばらく治まっていたウツにどっぷり浸かっています。一年半ぶりでしょうか。調子良かったのでクリニックからも遠ざかり、薬も飲んでいなかったことに、一気にしっぺ返しをくらったような有様です。
きっかけは心に余裕があれば些細なことなんですが、それが一撃となってしまったと言うことは、よっぽどゆとりが無かったのでしょうね。事の起きた土曜日は、まだ動こうとしていました。でも、涙ばっかり出て困りました。何かをしようにも途中でできなくなってしまいました。それでも、続けると気持ち悪くなり、頭が痛くなりました。自分に自信がなくなり自殺の妄想が始まりました。とーたんのソラナックス(前にかーたんも処方されたことがある)を飲んで寝ちゃいました。
次の日もまだ妄想はつきまとい、さらに何もできなくなり、これは大変だと休日もやっている心療内科を探し電話をしました。受け付けてくれたので、ただ行くことだけを考えて一人で出かけました。休日だから? 患者さんはいっぱいいました。若い人が多く、若者にも生きにくい世の中というのを目の当たりにした思いがしました。パキシルの20mgとトレドミンの残っていたものを来る前に飲んだと言うと
「即効性が無いから効かなかったでしょう。一週間はかかりますから」
そう言ってリフレックスとパニック障害のとんぷく薬としてソラナックスを処方してくれました。帰宅途中で別の用事を済まそうと思い、その方面の電車に乗ったのですが、乗り換えてあと一駅というところで、それができず、帰ってきてしまいました。
帰ってきてから、頭がぼんやりしていて横になっていると、その理由はこれだ!と言わんばかりに、激しいパニック発作に襲われました。冷や汗が出始め、鼓動が激しくなりました。体温が下がってきたかと思うと今度はホットフラッシュ、気持ち悪さがピークに達すると、身体が嘔吐一直線、4、5回の嘔吐反応で終了。顔からボタボタと冷や汗が滴り落ちます。その量のすごいこと、顔でも洗ったんですか?状態です。この発作が2回おきましたのでソラナックスを飲みました。
以前はこれがパニック障害の症状だとは思えず、あちこちの病院で訴えたのですが、自律神経失調と言われ、あまり取り上げてもらえませんでした。不安の多いパニック障害は若い時に経験しており、それは自力で克服したのですが、中年以後出てきたこの症状には、正体が分らず困っていました。救急車で運ばれたこともあります。やっとパニック障害だと診断されると10分でピークに、30分で終了との説明どおりなので襲って来た時の気構えもずいぶん楽になりました。でも、最中は最悪(極めて酷い二日酔い状態)なので薬に頼らざるをえません。
パニック障害が治まり、郷里に電話をしました。一人暮らしの母が大腿骨を骨折したので、退院時に合わせて22日に帰省するつもりでした。でも、こんな状態では世話どころではありません。幸い母はリハビリも上手くいっており、ゆっくりだったら何でもできるから帰って来なくていいとのことでした。
内心ホッとしました。

そんなこんなで三日目の今日、幾分落ち着いてブログを書けるくらいになりました。
でも、他の事は何もできません。とーたんには申し訳ないけど、しばらくブログ三昧させてもらいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/26

ついてない日々

頭痛の連続発作が始まった
先週の土曜日から片頭痛の発作に見舞われているかーたん。朝の目覚めはキラキライルミのエレクリトリカル・パレードの曲と共にやってくる頭痛。朝なのに「夕日」の曲の時もある。「ギンギンギラギラ夕日が沈む〜」のあのメロディに合わせて脈打つ頭痛。当然ながらギラギラのイメージも付いてくる。はぁ〜っ 典型的な片頭痛の症状に朝からイミグランを1錠。
画廊の仕事を終えてホッとする頃、忍び足でやって来る ズキン・ズキーン と微かな痛み。ほいほいお出ましか〜、と急いで晩ご飯を何でもいいから口にしてその他の薬を飲み、布団に潜り込むと痛みはピークに。仕方なくイミグランをもう1錠。こうして一日一日が過ぎて4日目のこと…。

それは突然の出来事だった
仕事を終えたかーたんは、一人でパルシステムの「冷凍カレーうどん」で夕飯を終え、まったりついでにコンブの頭や鼻スジを撫でていた。つい“ほんの出来心”でコンブの胸や腹の部分を触ったその時である。
右腕にヂクッ!と痛みが走った。見るとコンブが最愛級のハグで右腕を抱きしめている。その爪は深ーく、かーたんの腕に突き立てられ、その口はこれでもかとばかりにかーたんの腕をカプっていた。
袖をまくってハグされたその腕を見てみると、4ヵ所の凹みがあった。そこにみるみる血が溜まっていく。ひぇ〜っ ひっかかれることはよくあることだが、こうも牙や爪が深々と突き立てられたことが無かったのでうろたえてしまった。
“ほんの出来心”ー 痴漢をしでかしたヤカラが後々反省する時はこんな気持ちだろうか? 痛みと共に情けない気持ちでいっぱいになった。ええ、ええ、コンブはちっとも悪くないよ。悪りぃのはかーたんですよ〜ダ。
出血は思ったより多かった。奥の方の血を絞り出し、消毒して救急バンソウコウで手当した。

次の日は「エレクトリカル・パレード」と「夕日」のダブルで目が覚めた。傷と腕の筋肉が痛い。傷の周りが赤く腫れ、熱を持っている。
この日はコンブを病院に連れて行く日だった。花房先生が産休に入られたので、今回から再び佐藤理文先生に診ていただいた。コンブの血液中の薬の濃度を来週調べることになった。カプられたことを話すと
「ワキの下ぐりぐりします? あ、しない…」「だんだん慣れてくるとたいしたことじゃなくなります」とのこと。慣れたくはない。でも一応医者に行ったらと言われた。
動物病院から戻ると速攻、外科のある病院へ行った。抗生物質と炎症止めの飲み薬を処方してもらった。この夜も片頭痛。

さらに悲劇は続く
さて、今朝はというと久し振りに頭痛は無かった。腕も痛みが和らいでいた。画廊が休みなので気持ちものんびり。
午前中、生協の箱を出して、先日届いた通販のドッグフードやキャットフードの入った段ボール箱を動かした時だった。ちょっと腰に違和感を覚えたが、その時は何ともなかった。
コタツでパソをしていて立とうとした時だった。ウッ、ウウウ〜・・・後は言葉にならない。立とうにも痛みで立てない。
こ、腰がぁ〜!☆?★×ー ふぅ〜っ ギックリ腰やっちゃったのネ…
つかまり立ちしても痛まない体勢がみつからず、「イデー」「イダダタタッタ〜」と叫びながら壁や家具づたいにゴキブリのようなかっこうで(ゴキブリの様に速くも動けず)移動を試みるかーたんです。

 「コンブ、このかーたんの腕の傷、身に覚えがないかえ?」
 090326_1

 「ん? はて? 包帯が巻かれておりますナ…」
 090326_2
 
 「ケガしたんかー? オイラ、何にも覚えてないのニャ−」
 090326_3

「コンブのカラー」アップしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)